我着地、クワイエット

 

『我着地、クワイエット』(2014年)   

 

 

 

 

▼ わっしょいハウス

 

京都にて自然発生的に活動を開始(2007年)。演劇団体。メンバーは劇作家/演出家の犬飼勝哉とわっしょいハウサー浅井浩介(ほか出演者/スタッフは作品ごとに流動的)。
2010年に拠点を東京に移し、以降コンスタントに作品を発表している。
 
何気ない日常に妄想や空想や目に見えないもの達がふと侵入してくる幻想的なテキストが特長。「六畳一間」と異界の融合――
 
表現方法はシンプル。ギャラリーやフリースペースでの上演。ここ最近ではアクティングスペースから映像撮影をおこなう撮影パフォーマンスや客席オールスタンディングなど。舞台空間と外の世界との境い目をゆるやかに(そして遠慮がちに)飛びこえる。

 

 

 

 

 

 浅井浩介

 

浅井浩介

俳優

 

1984年生まれ。愛知県出身。

京都大学在学中に俳優として演劇活動を始める。

2007年、わっしょいハウスの活動を開始。

以降、ほぼ全作品に出演。

 

他の主な出演作品は

トリコ・Aプロデュース『他人(初期化する場合)』(2006年)

五反田団『生きてるものはいないのか』(2007年)

下鴨車窓『旅行者』(2008年)

乞局『乞局』(2011年)

鳥公園『カンロ』(2013年)

 

など。

 

 

 

 

 犬飼勝哉

 

犬飼勝哉

劇作家/演出家

 

1984年生まれ。愛知県出身。

京都を拠点に舞台俳優として活動し、2007年わっしょいハウスを開始する。

『桜庭ハウス』(2009@アトリエヘリコプター)以降、全作品の脚本・演出を務める。

現在は東京都豊島区在住。